サークル紹介

私達は、明治大学公認のボランティアサークルです。私達の活動は対人ボランティアが中心で、障害者の方と交流を行ったり施設を訪問したりしています。

これだけを見ると、なんだかとてもお堅いサークルのように見えますが、決してそんなことはありません。みんなで合宿に行ったり、飲み会を開いたり、BBQしたり・・・みんな仲良くワイワイやっているのもこのサークルの特徴です♪

また、このサークルは他の大学との交流が盛んです。ほとんどの活動が他大と合同で行われるため、色んな友達がたくさんできます。

現在1年生が40人程度、2年生が30人弱、3年生が30人程度、4年生が20人弱在籍しています。(2015年5月20日現在)
近年人数が増えてきており、今まさに旬なサークルです。

興味を持ったら、部室に足を運んでみてください。和泉校舎、食堂裏の建物4階の405号室です。
BOX
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント

手足のj不自由な子どものキャンプについて

「明治大学赤十字奉仕団」の皆さまへ

障がい児のキャンプにご協力お願いします

はじめまして。
新学期を迎え、何かとお忙しいことと拝察します。
公益財団法人 毎日新聞東京社会事業団の関博至(せき・ひろし)と申します。

当事業団は、福祉に関するさまざまな事業を実施しています。中でも、最も力を入れている事業があります。それは「手足の不自由な子どものキャンプ」です。毎年8月に、障がいをもつ小学3年から高校3年までの子どもたちとともに、山梨県の山中湖畔でキャンプします。今年で57回目を迎えました。当事業団のほか、日本肢体不自由児協会、東京YMCAが共催しています。

実は、このキャンプで、子どもたちの生活をサポートするキャンプボランティアを募集しています。「明治大学赤十字奉仕団」の方々にもご参加いただき、力を貸していただけないかと思い、メールを差し上げました。

このキャンプは、障がい児が家族から離れ、自然の中で集団生活することで、自主性や協調性を養うことを目的としています。医師や看護師も同行します。5泊6日のキャンプが終わるころには、みんな仲良しになります。参加してくださった方々からは「子どもたちの表情に感動した」「お金では得られない報酬をいただいた」という感想をいただいています。社会人になってからも参加する方もいらっしゃいます。
昨年の模様は、当事業団のホームページの障害者福祉の項目に掲載しています。(http://www.mainichi.co.jp/shakaijigyo/shougaihukushi.html

今年のキャンプについては、ボランティア説明会を下記のとおり開きます。
▽面接・説明会=4月28日(日)10時~12時、13時~15時
▽会場=東京都江東区東陽2の2の15、東京YMCA社会体育・保育専門学校(http://sports.ymsch.jp/
▽申し込み、問い合わせ=〒173-0037東京都板橋区小茂根1の1の7日本肢体不自由児協会キャンプ係(03・5995・4514、ホームページ(http://www.nishikyo.or.jp/camp/volunteer.html
▽キャンプ中の交通費、宿泊費は主催者負担

チラシ、ポスターをご希望の場合は、このメールにご返信いただけば、後日、お送りします。関

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 
 

検索フォーム

 

プロフィール

クローバーWeb担当

Author:クローバーWeb担当
当ブログを情報発信の中心と位置づけることになりました。細かい気になっていた部分を少し手直ししつつ、運転中です。

 

Twitter